忍者ブログ
2018.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学資保険に加入する時期について紹介したいと思います。まず、学資保険に加入する時期というのは、いろいろな学資保険がありますからその種類によって違ってくると思います。学資保険の種類によっては入ることができる時期やサービス、補償内容が違っていると思います。一般的に考えて保険料というのは支払い期間が長ければ長いほど、毎月に支払う保険料は負担が少なくなるのが一般的です。しかし保険料の支払い期間が短くなれば毎月の支払額は大きくなります。このことから考えても、出来れば、子供が小さいころから加入して長期にわたって学資保険の支払いをしている方が負担が少ないのではないでしょうか。

もしも子供が生まれてすぐに学資保険の入ったときには、子供が3歳になってから学資保険に入るよりも払込期間は3年も長いですね。学資保険はお祝い金が払われるものもありますが教育の段階ではもっとお金が必要になる高校や大学のときにお金がもらえる方がいいですよね。そのようなことなども考えながら学資保険に加入する時期を考えるといいのではないでしょうか。最近では出産前から学資保険に加入できるものもありますから、出産後のバタバタした時期に考えずに前持って考えておくのがいいかもしれませんね。
PR
学資保険と税金について紹介したいと思います。学資保険に税金がかかるのかということは保険についてある程度の知識が必要になるのですが、まず結論からいえば学資保険もしえ名保険料控除の対象になります。生命保険料控除は、年末調整のときや確定申告のときに、所得から支払ったお金の額に応じて、住民税と所得税が控除されるというシステムのものです。たとえば学資保険の年間の支払総額と控除額は、支払った保険料が25000円以下の場合には全額になって25000円以上で50000円以下のときには半分、そして50000円以上100000円以下のときには4分の1の額が控除されるということになっています。100000万円以上のときには一律で50000円控除になります。

学資保険の年間の保険料についてはこのように生命保険料控除の対象に当たるのですが、入学や入園のときに学資保険から支払われることになっているお祝い金がある人の場合でもこのお祝い金が契約者である親の一時所得にあたってしまいますから所得税がかかってくるということをわかっておいた方がいいかもしれませんね。祖父母が学資保険をかけている場合は贈与税がかかることもあるといわれていますから気をつけましょう。