忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学資保険に加入する時期について紹介したいと思います。まず、学資保険に加入する時期というのは、いろいろな学資保険がありますからその種類によって違ってくると思います。学資保険の種類によっては入ることができる時期やサービス、補償内容が違っていると思います。一般的に考えて保険料というのは支払い期間が長ければ長いほど、毎月に支払う保険料は負担が少なくなるのが一般的です。しかし保険料の支払い期間が短くなれば毎月の支払額は大きくなります。このことから考えても、出来れば、子供が小さいころから加入して長期にわたって学資保険の支払いをしている方が負担が少ないのではないでしょうか。

もしも子供が生まれてすぐに学資保険の入ったときには、子供が3歳になってから学資保険に入るよりも払込期間は3年も長いですね。学資保険はお祝い金が払われるものもありますが教育の段階ではもっとお金が必要になる高校や大学のときにお金がもらえる方がいいですよね。そのようなことなども考えながら学資保険に加入する時期を考えるといいのではないでしょうか。最近では出産前から学資保険に加入できるものもありますから、出産後のバタバタした時期に考えずに前持って考えておくのがいいかもしれませんね。
PR
←No.1No.11No.9No.8No.2No.4No.5No.12