忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学資保険の種類について紹介したいと思います。貯蓄型の学資保険というのは、どのようなタイプのものかというと、保険の満期のときに、受けとることができる金額が払い込みをするときの額よりも多くなるという学資保険のタイプです。一般的に補償を優先しようとしているのではなくて、教育費の貯金を優先にしたいと思っている人にはこの貯蓄型の学資保険が向いているのではないでしょうか。金利が低かった時には、保険料の受取金額が払込金額よりも多いとはいっても微々たるものになることもあるのですが、学資保険の内容次第では返戻金が高い学資保険もあります。そして貯蓄を目的とせずにとにかく保障を充実させたいと思っている人は学資保険の保証型を選ぶといいのではないでしょうか。これは子供に万が一のことがあったときや契約者本人である親に万が一のことがあったときに手厚い保障が付いているタイプの学資保険です。このほかにも、先ほどの貯蓄型と保障型の両方が備わっているタイプの学資保険もありますから、何も子供に関して保険をかけていなかったという人の場合にはこの両方備わっているタイプの学資保険がいいかもしれません。学資保険の種類は自分たちのニーズに合わせて選びましょう。
PR
←No.14No.13No.10No.7No.3No.6No.1No.11No.9No.8No.2